au解約者22万人の情報を紛失 記録ディスク廃棄で

このページは、au解約者22万人の情報を紛失 記録ディスク廃棄で の続きを読む。
気になるニュース配信ブログ TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KDDIと傘下の沖縄セルラー電話は8日、
携帯電話「au」を解約した約22万4000人の個人情報を紛失したと発表した。

記録された光磁気ディスクを誤ってごみと一緒に廃棄した可能性が高く、
悪用などは確認されていないという。

紛失したのは平成18年1月初めから19年1月14日までに、
auを解約した一部の顧客の名前や住所、
当時の携帯電話番号など。クレジットカードや銀行口座の情報はなかった。
全体のうち沖縄セルラー分は約5000人。

紛失はKDDIの小山テクニカルセンター(栃木県小山市)で発生。

社員らの聞き取り調査では、ディスクを保管庫に入れ忘れ、
同じ部屋にあった廃棄用の段ボールに紛れ込んだらしい。

紛失した情報には、番号継続制を利用して他社へ移った顧客の携帯番号も含まれているが、
不審な入退室などはなく情報流出は考えにくいとしている。

KDDIでは昨年、
インターネット接続サービス「DION」で約400万人の顧客情報流出が発覚していた。

同社広報部は「ご迷惑を掛け深くおわびする。
再発防止のため全社的な再点検を実施する」としている。

【引用:iZa
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070208-00000506-yom-soci&kz=soci
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mynews1.blog91.fc2.com/tb.php/88-4b8b110d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理者ページ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。